ダーツと自転車が大好き!(*≧∀≦*)

自転車、ダーツ、アウトドアなどの楽しさや役に立ちそうな物を紹介していこうと思います。

o孕oチリリン三 自転車キャンプで使える、お洒落な湯たんぽ ドイツ製の『fashy』(ファシー)を買ってみた。(*´ω`*)

こんにちは、ATSUSHI(あつし)です。またしても次は10月の連休がありココロオドリますね。o(^∇^)o

皆さんはもう遊びに行く予定は立てられていますか?(*^^*)

まだ決められていない方は是非奈良に来てください。野生の鹿と沢山触れあえますし、お寺巡りで御朱印集めも出来ますよ。(ノ´∀`*)

さてさて、今回はアウトドアのキャンプで使えそうな折りたたみが出来るお洒落な湯たんぽを買ってみました。

何故こんなもの買ってしまったか、ちゃんと理由があるんです!この前のシルバーウィークでキャンプへ行ったときに恥ずかしながら僕はシュラフとマットを忘れて行ってしまいまして友達に借りたハンモックで寝てたんですねw('-';)ハンモックだし下からの冷気ないだろうし大丈夫、大丈夫っと・・・

もう本当にね、なんとかなるだろうって考えがよくないですねーw
めちゃくちゃ寒いんですよ、キャンプ舐めてました。秋の寒さ舐めてました。シュラフとマット忘れてすんません(´・ω・`)

とまぁ僕の場合は当たり前の如く寒いのですがシュラフとマットを持っている友人もすごく寒かったらしく「こりゃ何か暖房器具的な物がいるね」って話になりました。でも灯油ストーブだと燃やすと一酸化炭素中毒になりかねないし、発電機持ってきて動かしながら寝るなんか絶対できないしwそもそも、軽量化したいのにそんなもの持って行ったら意味がないw

んで悩んでたら頭に「!」←こんな感じで思いついたんですよ、ロマンシングサガで技を閃いた時みたいに。w

そうだ湯たんぽにしようって、それで色々調べていたら陶器、ステンレス、トタン、樹脂、ゴムのいずれかの種類があるようで。

自転車キャンプへ行くことを想定して持って行くなら嵩張らないようにゴム製の湯たんぽにしようと思いまして、探していると結構色々なメーカーから販売されているみたいなんですよ。

萬年

萬年 ゴム湯たんぽ 2L カバー付 正味容量:2.0L MY-422

萬年 ゴム湯たんぽ 2L カバー付 正味容量:2.0L MY-422

サンガー

fashy(ファシー)

どこのメーカーにするのか迷いに迷ったのですがドイツ製の湯たんぽ『fashy』(ファシー)ならカバーの種類が豊富だったので買ってみました。(^-^)
(まだ品物が届いてないので感想は後日談にしますね。(^-^;))



こんな感じで可愛いキャラクター物のカバーが沢山あります。勿論自分でカバーを自作出来る方は作ってみるのもいいと思います。誰かにプレゼントするのにも、こういうのは喜ばれるんじゃないでしょうか。(ノ´∀`*)

www.fashyjapan.com